ギョカイ的ピンチ

HOME >  Place to Speak >  ギョカイ的ピンチ
  • 2012/04/16(月)
  • ギョカイ的ピンチ

 聞くところによると、日本へのマグロの供給量が減って価格が高くなっておるそうな…。聞くところによると、円高にもかかわらずカニの価格も昨今高騰しておるそうな…。聞くところによると、アフリカの漁獲規制などでタコの価格も高騰しそうだというそうな…。聞くところによると、ウナギの稚魚が獲れずに今夏ウナギの値段も上がるそうな…。原因は、鳥インフルエンザやBSE発生で安全志向になった欧米の魚食ブーム。そして中国が輸出から消費国になって魚の消費量が爆発的に増え、高級食材から大衆魚まで一斉に中国へと向かうからだという。去年の大震災で漁業がダメージを受けた影響もかなりあるのだろうが、今まで日本向けだった魚が日本離れして、熾烈な獲得競争が起きているというのだ。オーマイガッ!牛・豚肉が苦手な私は、戦々恐々だ。大好きな魚介がこれから手に届かないものになっていくのだろうか。日本から東京から近所のスーパーから、新鮮で種々多様な魚が消えてしまわないことを心から願い、これからは一口一口、海の恵みに感謝しながら食したい、、トホ。    スタッフK