秀才カラスと対峙

HOME >  Place to Speak >  秀才カラスと対峙
  • 2015/03/27(金)
  • 秀才カラスと対峙

風も陽光も日ごと暖かさを増し、桜前線も北へ向かって進んでいます。 先日天気の良い日に洗濯物をたくさんベランダに干していたところ、午後になって洋服が一枚落ちていたので、てっきりズレ落ちたのだと思いハンガーを捜してみるものの見当たらず。風で飛ばされちゃったのかなあと頭をひねりながらも数十分後、ふっと窓をみるとハンガーを嘴にくわえてベランダの手摺りにたたずむ一羽のカラスを発見!「まさか、お主だったのか~!!」と駆け寄ってカラスの黒い瞳と向き合うこと3秒、奴は悠々と飛び去って行ったのでした。落ちていたのは、きちんととファスナーを閉めてからハンガーにかけてあったもの。カラスはどうしてベランダの下の方の見えにくいハンガーが見えたのでしょう?カラスはどうして洋服をはずすことができたのでしょう?なんと頭のいい奴らでしょう。巣作り中のカラスたちに、あきれるやら腹立たしいやら感心させられるやら笑うしかなかった私、カラスは黄色が比較的見えにくいというので今度は黄色のハンガーを吊るして実験してやるぅ~と思う、私でした。      スタッフK