いろはカルタ 恋の歌

HOME >  Place to Speak >  いろはカルタ 恋の歌
  • 2016/01/20(水)
  • いろはカルタ 恋の歌

はじめまして。日々皆様のハッピーや頑張りの結晶であるアワードに感動を頂きながら、 ゆず太(ナイーブでうっかりな5才男子)とイチゴ(パワフルな不思議ちゃん3才女子)の 二人の育児に奮闘中のワーキングマザーです。
さて、このお正月から我が家でブームの兆しを見せております「いろはカルタ」。 モノクロの切り絵で表現されたシンプルな絵札と古典の一節を読み札にした雅 (みやび)なる代物です。 母は正座でにらみ合う保育園児をおろし、ソファーの高みにあぐらをかいて お気に入りの一句を情感たっぷりに読み上げます。 「い~」、「井筒にかけし まろがたけ~ 過ぎにけらしな 妹見ざるまに~」 (幼なじみの恋の歌ですね。井戸の周りで遊んだ私(男)の背丈もあなた(女) にしばらく会わない間に とっくに井戸の囲いの高さを超えていますよ、と。) 子ども達はまだひら仮名の読解も怪しく、絵札のデザインで見分けて競っています。 しかしそこは幼児の事、負けを受け止めきれずに勝負半ばにして阿鼻叫喚の嵐に て中断、中断。 二人が粋な言葉で異性に恋をささやくのは一体何年先でしょう。    からあげ風味