子の怪我で教わったこと

HOME >  Place to Speak >  子の怪我で教わったこと
  • 2011/08/08(月)
  • 子の怪我で教わったこと

二人目を産んでから、子育てに余裕ができたせいか、油断して赤ちゃんを怪我させてしまいました。どこでどうやって怪我したのか原因が分からず、落ち込みました。その日から、上の子が感情的になり、泣き喚いたり、わがままして困らせます。怒ったら、傍で見ていた夫が、「あなたが不安にさせているのよ」と呟き、ハッと目が覚めました。いつもと違う暗い表情のお母さんは怪我の原因にこだわってぱかりでイライラする毎日..."いけない、気を取り直さないと、赤ちゃんが元気になることに専念しょっ"と自分に言い聞かせました。翌日、入院している赤ちゃんの様子をビデオに録って、上の子にちやんと伝えたら、久しぶりに笑顔見せ絵手紙を描き始めました。その絵手紙を赤ちゃんに渡したらとても喜んでました。子の笑顔に救われました。そして、病院でお世話になった皆さまと家族に支えられ、新米ママは一つ成長しました。   莉莉子