北京原人と納涼

HOME >  Place to Speak >  北京原人と納涼
  • 2011/07/12(火)
  • 北京原人と納涼

 高校まで台北で育った私は、ちょっとした夏の思い出があります。それは近くの歴史博物館へ出かけ、常時展示されている「北京原人の生活展」を見に行くことです。リアルな体験ができるように、展示ルームは丸ごと洞窟になっていて、等身大に作られた原始人を間近で見ることができます。「インディー・ジョンズ」まではいきませんが、ちょっとした探検気分で子供には大人気。入口からいきなり原始社会の夜の風景、シュー...シュー...という風の音しかしない森の暗闇の中、原始人たちは狩猟していたり、木を使って火を起こし炊事していたり、子供と遊んだりしてます。ときどき野性動物の鳴き声が聞こえハラハラさせられます。原始にタイムスリップしたように思えるほどワイルドで不気味な静寂。子供の時は一人で入れなかったが大人になったらちょっとしたノスタルジーを味わう原始の情景。近所の納涼の場所でもありましたが、今は撤去され、懐かしい思い出となってしまいました。       スタッフ~奈乃