トロフィー販売TOP > コラム > やる気を引き出すトロフィーを通販で

やる気を引き出すトロフィーを通販で




子供が関連する場所には表彰グッズの出番がある



善い行いや素晴らしい功績を公に称えることを表彰と言い、トロフィー、優勝カップ、楯、メダルといった表彰に使われる用品を表彰グッズと言います。表彰グッズは早くて幼稚園くらいから見かけ始める物です。集団生活の中では表彰される機会が複数あります。例えば、運動会はその代表例です。赤組と白組とに分かれて競い合って勝ったほうに優勝トロフィーが贈られる、そんな思い出が誰しもあります。

しかし、そうした思い出はあってもその優勝トロフィーがどこで購入できるかはあまり知られていません。結論から言うと、表彰グッズはいずれも通販が可能で、特に表彰グッズ専門の通販サイトの利用が確実な入手方法です。

そうは言っても、表彰グッズを必要とする機会がそうそうあるのかという話になります。実は、トロフィー類は子供の成長に深い関わりがあり、お子さんがいる方はもちろん、幼稚園・保育園・小学校・中学校・幼児教室・スポーツ教室等々子供が関連する場所であれば表彰グッズの出番があると言っても過言ではありません。

大人になると表彰される機会はあまりなくなります。表彰される側ではなくする側にまわったと言えます。とはいえ、表彰するタイミングを把握していなければ大人といえども上手く表彰できなくて当然です。

そこで、トロフィーを始めとする表彰グッズがいつどんな風に出番があるのかを紹介すると共に、子供の成長にどんな風に関わりがあるのかをまとめます。また、通販することのメリットも合わせてまとめます。



言葉は見えないがトロフィーは見える



まず、トロフィーを始めとする表彰グッズが子供に及ぼす影響ですが、トロフィー類は目に見える評価です。

褒めて伸ばすという言葉通り、子供は褒められたことをきっかけに次も頑張ろうとします。年齢が低い時ほどそれはもう素直に褒められたことを喜びますし、また褒められたいと猛然と頑張ります。しかしながら、言葉で褒められた記憶は多かれ少なかれ薄れていきます。褒められたことがどんなに嬉しかったとしても記憶とは薄れるものだからであり、褒め言葉は聞く物であって見る物ではなく、聴覚情報は視覚情報にくらべてインパクトに欠けるからです。また、何度も褒められているうちに褒められたという喜び、ひいては感動が薄れることも考えられます。

ところが、トロフィーという目に見える評価があると、記憶が薄れにくくなる、薄れてもトロフィーを見るとまた思い出すといった効果が生じます。それと、年齢が上がって幼少期の素直さが失われると褒め言葉を素直に受け取れなくなるケースが現れますが、言葉は素直に受け取れなくとも物という形を取った目に見える評価なら素直に受け入れられる子が数多くいます。

そもそも、褒めるという行為は簡単なようで難しいことです。ただ褒めるならまだしも、上手に褒めるとなると至難の業です。なぜなら、子供は大人の心境を簡単に見抜きます。心の底から、しかも、具体的に褒めないと納得してもらえないことすらあります。そんな時に表彰グッズがあれば、あなたはこんなにも頑張ったので表彰します、と具体的に褒めやすくなります。

それはつまり、トロフィー類が子供のやる気を引き出すということであり、褒めて伸ばす際に有効なアイテムだということです。通販で入手できる点では活用しやすいのではないでしょうか。



身近でありながら特別感のある物として用いる



子供にとってはやる気を引き出すきっかけになり、大人にとっては褒めて伸ばすきっかけになるのがトロフィーですから、褒めたい時が使いどきと言えなくもありません。がしかし、多用してしまうと表彰グッズが持つ特別感が損なわれます。かといって、あまりにも入手しづらくなるとモチベーションが下がってしまいます。よって、入手難易度を高め過ぎず、そのために、一定期間に一度入手のチャンスを設けるのがポイントです。

具体的には、数か月に一度表彰の機会を設けます。月に一度でもいいです。スポーツなら良いプレーをした人に、そろばんなど学習方面のおけいこごとなら高得点を獲得した人にといった具合に、子供達の状況に応じた表彰を行います。皆勤賞のようなこつこつ頑張れば報われるタイプの表彰を半年あるいは年に一度行うのも、休まずに頑張ろうというモチベーションに繋がっておすすめです。

大きくて立派な物だけがトロフィーではありませんから、小さな物でも構いません。通販ですと、小さな物から大きな物まで探しやすい他、スポーツであれば野球・サッカー・バスケット・バレーなどジャンルごとに探せます。モトクロスやダーツなどでも通販なら容易に探し出せます。あとは、表彰内容や名前をレーザー刻印できる通販サイトを選べば、表彰グッズの特別感が高まる上に目に見える評価の具体性が増します。かさばって重みもある表彰グッズを通販することは面倒ではなくむしろ楽です。

トロフィーというと、何かしらの大会に優勝したらもらえる物というイメージがあります。もちろん、大会を開催して獲得を目指してもらうのも良い案です。ですが、もっと身近な物として、それでいて特別感のある物として用いることで、子供達は獲得を目指して切磋琢磨します。

次の記事へ