トロフィー販売TOP > コラム > カップとトロフィーの違いとオリジナルのものの作り方

カップとトロフィーの違いとオリジナルのものの作り方




トロフィーとカップの違い



トロフィーとカップはどちらもイベントが行われた際に優勝者に授与されるものです。スポーツ大会や学業のイベントなどいろいろな場面で用いられています。どちらも同じように表彰の際に受け取るものということで違いがないと思われがちです。しかし、名前が違う通りきちんと両者には違いがあります。

まず、トロフィーの語源はギリシャ語のTropaionであると言われており、戦利品という意味を指します。戦争で敵から奪い取った鎧や兜、盾といった戦利品を木の幹や切り株に吊るして飾ったという風習が由来と言われています。それに対してカップというのは敵の頭蓋骨で杯を作って戦勝を祝う風習が由来していると言われています。時代の流れとともに使われる材料が頭蓋骨から金や銀、クリスタルといったものに変化して部族で最高の勇者に進める杯に変わっていったとされています。

このように両者とも元々は勝利を祝うことを目的として作られていたものであり、作られた素材や使われていたものに違いがあるだけです。そしてその二つが同じように長い歴史を経て残り、今でもスポーツや芸術、学業といった様々な場面で優秀な成果を残した人に贈られる記念品となっています。現在は両者の違いがあるということで特別に何か用途の使い分けがあるというものではありません。その成り立ちによって違いがされるのではなくデザインに違いがあるため使う場面や渡す相手によってより喜んでもらえるものを選ぶという形が取られるようになっています。最近ではデザインや素材も豊富ですし、加工の技術や印刷できるものの技術も進化していますから、自分たちが作りたいデザイン、入れたいロゴや文字といったものでどちらが良いかということを考えて選ぶことが多くあります。



トロフィーやカップをオリジナルで作る



最近ではインターネット通販が買い物の主流となりつつあります。そのため、全国各地からいろいろな商品の購入が可能です。配送のスピードも上がっていますから、自宅の近くにないようなお店の商品でも注文してからあまり時間がかからず受け取ることができます。そのため、自宅の近くに金物屋や学用品店がなくてもトロフィーやカップの購入ができます。さらに、印章店やトロフィーやカップの専門店で注文をすれば自分たちの希望するようなデザインを取り入れたものやオリジナルロゴを刻印されたものといったものの制作も可能です。刻印をするときくと特注になりとてもお金がかかるように思われがちですが、リーズナブルに刻印することができます。この時も、どちらを注文するとしても特に注文方法の違いはありません。希望するサイズや個数、入れたいロゴといったものを伝えていきます。それと合わせて費用や納期といったことを相談しながら決めていき最終的に自分の希望するものが作れるとなれば契約をして正式に依頼をすることになります。

もちろん依頼をするにあたって不安のある場合や希望するものが作れるのか、予算に間に合うのか、納期に間に合うのかということが不安な場合には事前に相談をして見積もりを出してもらうこともできます。見積もり内容や希望するデザインのものが作れるということがわかってから正式に依頼をすることは可能ですし、もしも希望通りにいかないとなれば断るということも問題ありません。見積もりは無料のところもありますので、そういったお店を選ぶといいでしょう。



トロフィーやカップを作るメリット



トロフィーやカップをオリジナルで作ることは色々とメリットがあります。まずはスポーツ大会やイベントの際に商品があるというのはやる気につながりますし、イベントに箔がつきます。優勝者や優秀な成績を収めた人に対して拍手をしたり皆で祝ったりするだけでなく、授与される商品があるというのはやはり嬉しさが違います。また、自宅に記念品を持ち帰ることができるのは、子どもたちにとっては喜びも大きいですし、思い出にも残ります。最近ではコンパクトなものも多いですし、自宅に飾ってもおかしくないようなおしゃれなものも多いです。そのため自宅に残していてもインテリアの邪魔になりません。子どもたちにとっては頑張った成果が自宅にあるとまた頑張ろうとモチベーションアップになりますし、もらうことができなかった子にとっては今度の機会には頑張ろうという励みにもなります。

最近ではクリスタルのものや金や銀のメッキがされているものも昔のものより高品質なものもあります。そのため、見た目も素晴らしく、もらって嬉しいと思えるようなものが増えてきています。それでいてリーズナブルなものも多く、予算の範囲内で用意できるものもたくさんあります。

もしも急な発注となったとしても、最近ではすぐの制作と発送とが可能なお店もあります。内容によっては午前中に発注して午後には発送されるくらい早く届けてもらうこともできます。万が一すぐの制作が必要という場合には、依頼すれば早めに仕上げて届けてもらうところもあります。そのため、もしもイベントで使いたいと思ったら少しでも早く問い合わせをして、確認することが重要になってきます。

次の記事へ