トロフィー販売TOP > コラム > トロフィの豆知識や社交ダンスのトロフィについて

トロフィの豆知識や社交ダンスのトロフィについて


選ぶときのポイント



大会やコンクールなどの主催者はトロフィなどの準備をする機会が多いと思いますが、種類はたくさん存在しており、どれを選んだらいいのか分からないという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。せっかく購入するなら喜んでもらえるものを選びたいと思う人へ向けて、今回は選ぶときに知っておきたい情報について紹介していきます。

まず1つ目の選ぶときに知っておきたいポイントとしては、それぞれのスポーツや種目に合わせたタイプを選ぶことです。例えば社交ダンスの場合ならダンスをしているトロフィが販売されているところを利用するなど、種目やスポーツによって選ぶと喜ばれる可能性は高くなります。種目などを考えずに選んでしまうと喜びも半減しますし、何の大会のものか分からなくなる場合もありますので、それぞれの種目に合ったタイプを選ぶことが大切になります。

続いて2つ目の選ぶときに大切なポイントは、サイズです。例えば大会の規模によっても異なりますが、トロフィにはいろいろなサイズが存在しています。サイズの選び方もとても大切と言われており、例えば子供たちが参加する大会に片手で持つことができないような大きなタイプを購入しても、喜ばれる可能性は低いでしょう。また、あまりにもサイズが大きすぎると、飾るにも場所を考えなくてはならなくなってしまうので、できる限り持ち運びがしやすく飾りやすいタイプを選ぶようにするといいでしょう。しかし、あまりにも小さいサイズを選んでしまうと選手たちのモチベーションが下がる可能性もあるので、サイズはしっかりと確認しておく必要があります。

続いて3つ目の選ぶときに大切なポイントは、重さです。トロフィは重量があることによって高級感があるアイテムとなりますが、あまりにも重量感がありすぎると持ち運びがしにくくなりますし、ケガをする恐れもあります。特に子供に渡す場合にはなるべく重量感のないタイプを選ぶようにするといいでしょう。

続いて4つ目の選ぶときに重要なポイントとしては、価格です。基本的にそれぞれの大会やコンクールには決められた予算があります。その為、トロフィに関しても予算が決められていることが多いと思いますが、実際の価格も様々なものが存在しています。幅広く揃えられているので、予算なども見ながら喜んでもらえるタイプを選ぶようにするといいでしょう。このように、今回は選ぶときのポイントについてを紹介しましたが、選び方が分からないという方は今回説明したポイントを参考にすると、喜んでもらえるトロフィを選ぶことができるでしょう。



貰ったトロフィを活用して部屋をおしゃれに



スポーツ大会やコンクールなどで貰ったトロフィは自宅などに飾っている人が多いと思いますが、飾り方は人それぞれです。中にはおしゃれに飾りたいと思っている方も多いと思いますが、部屋をおしゃれにするためにはどのような飾り方をすればいいのでしょうか。今回は一部分ですが、部屋をおしゃれにするための飾り方について紹介をしていきます。

まず1つ目のポイントとしては、ボックス棚などを活用して飾るようにすることです。例えば中には机の上に飾っている人もいるかと思いますが、机の上ではおしゃれにみせることは難しいです。おしゃれに見せるためにもボックス棚などを用意してトロフィを飾るようにすると、まとまりのある感じで綺麗に飾ることができます。

また、専用のラックを使用しても、おしゃれに見せることができます。例えば透明のガラスケースなどがありますが、たくさんトロフィを持っているという方は専用のケースを用意することで、まとまりのある飾り方をすることができます。まとめて綺麗に飾りたいと思っている場合には、専用のケースを利用するといいでしょう。また、飾る時には背景にも注目するようにしましょう。

基本的に背景が薄いところに飾ってしまうと、名入れ文字などが見にくくなる場合もあるので、特にクリスタルタイプを持っている方は背景が濃い場所に飾るようにすると目立ちますし、おしゃれに飾ることができます。このように、部屋をおしゃれにするためには飾り方が重要になります。





社交ダンスは日本でも人気があり、大会に出ている人たちもたくさんいます。大会で優秀な成績をおさめるとトロフィを貰える大会も多いと思いますが、選手たちに喜んでもらうためにはどのようなものを用意すればいいのでしょうか。今回は社交ダンスの大会で使用するトロフィを選ぶときのポイントについて紹介します。

社交ダンスのトロフィを選ぶときですが、喜んでもらうためにはダンスをしているタイプなどを用意すると社交ダンスに合っているアイテムとなるので喜んでもらいやすくなります。また、トロフィを用意する時にはしっかりと名入れをして、いつの大会かが分かるようにしておくと選手たちも納得のものに仕上がるのではないでしょうか。