トロフィー販売TOP > コラム > トロフィーのプレートに彫刻する文字の例

トロフィーのプレートに彫刻する文字の例


シーン別の文字サンプル



優勝カップやトロフィーを発注するときにはプレートに彫刻する文字を伝えなくてはなりません。優勝カップやトロフィーにはプレートが付いていますし、そこに優勝や準優勝、入賞といった文字のほか日付なども入っていますが、これはクライアントが専門業者に伝えることで彫刻されます。勝手に業者側が彫刻してくれることはありませんから注意しましょう。しかし、初めて大会やイベントを開催するという主催者だとプレートにどのような文字を入れればいいのか分からないケースも多いでしょう。ここではいくつか例をご紹介します。

スポーツ大会で授与する優勝カップやトロフィーの例ですが、プレートには大会名や大会を開催した回数、受賞名や順位、日付、開催場所などを刻印するのが一般的です。もちろん例外もありますが、たいていスポーツ競技系の大会ではこれらの情報が彫刻されています。参加クラスなどがいくつかに別れているような競技だとクラス名なども記載すると良いかもしれません。

ゴルフコンペでも優勝カップやトロフィーが授与されますが、ゴルフコンペの場合はコンペ名や大会回数、大会記録、受賞名、日付、開催場所、ゴルフコース名などを彫刻することが多いです。こちらも先ほどと同じように例外もありますが、ほとんどはこのパターンで対応できるでしょう。もう少しユニークにしたり個性を出すのも良いかもしれませんが、それはコンペの主旨などによっても変わってくるため一概には言えません。優勝カップやトロフィーが必要となるのはたいていスポーツ系の競技大会やゴルフコンペが一般的ですので、ここでご紹介したプレートの文字例を覚えておけばどんな競技でも応用できるでしょう。



これといったルールはない



先ほど例を紹介しましたが、プレートに刻む文字にはこれといって決まりはありません。どのような文字でもその気になれば記載することができます。もちろん、あまりにも常識から外れた内容を記載するのはいけませんが、多少個性やユニークさを出すくらいは良いのではないでしょうか。歴史のある大会や競技会だとそれは難しいかもしれませんが、自分たちで開催するようなイベントやコンテストなどで贈るトロフィーや優勝カップであればそれも構わないでしょう。

先ほどお伝えしましたが、競技会やコンテストなどで入賞者に贈られるトロフィーに記載される文字はとても簡潔なものですし、必要最低限の情報しか記入されていません。もちろん、入れられる文字数にも限度がありますからたくさんの文字を入力することは難しいかもしれませんが、ほんの少し工夫を凝らして個性的なトロフィーに仕上げることは十分可能でしょう。個人的なイベントの開催を考えている、楽しいイベントにふさわしいトロフィーを作りたいと考えている方はトロフィーやカップの形状だけでなく、プレートに彫る文字にもこだわってみましょう。

専門店ならクライアントからの要望にはたいてい応えてくれるはずですから、まずは専門店に相談してみましょう。最近ではレーザー彫刻を用いて文字入れするお店も増えてきましたし、専門店ならなおさらレーザー彫刻を採用しているでしょう。レーザー彫刻ならよりきれいな文字入れが可能となりますし、個性を出すこともできます。依頼しようと思っているお店で採用されているかどうかチェックしてください。



ネット通販時の注意点



優勝カップやトロフィーなどはネットでも注文できます。実店舗営業しながらオンラインストアも同時に運営しているような専門店もたくさんありますし、ネット専業でビジネスを展開しているような専門店もあります。どうしても店頭で注文しないと不安という方でなければ、手軽に発注したいと考えている方にとってはネット通販がもっとも便利でしょう。ただ、インターネット通販でトロフィーなどを発注するときにはいくつか注意点もありますから覚えておくべきです。

支払方法はお店によって異なりますから発注前に確認しておきましょう。最低でも代引きと銀行振込の二つの方法は採用していないと不便ですからチェックしてください。また、発送までにどれくらいの時間がかかるかというのも重要な部分です。これも業者によって大きく変わってきますから、発注前にきちんと確認しておきましょう。5営業日以内に発送してくれるような業者なら比較的早いほうだと言えますし、安心ではないでしょうか。

送料はもっとも確認するべきポイントです。理想的なのは完全送料無料ですが、インターネット通販という手段を使う以上それは難しいでしょう。ただ、そのお店が定めている一定価格以上の買い物をすれば送料無料になるというサービスを行っているところもありますから、できるだけそのような業者を利用したほうがお得でしょう。トロフィーやカップを複数購入する場合はある程度の金額になりますので、送料無料になる可能性は高くなります。

次の記事へ