トロフィー販売TOP > コラム > トロフィーの素材などに関する情報をご提供

トロフィーの素材などに関する情報をご提供

これからトロフィーや表彰楯を購入したいと考えている方のために



トロフィー・表彰楯は、スポーツや音楽・美術などの芸術関係のイベントに出場・参加し、優秀な成績を収めた人に対して、その栄誉を称えるために贈呈される記念品です。また、個人ではなく、学校・チームなどの団体を対象としてそれらの記念品が贈られるケースも数多く目にします。何らかのイベントに参加して、好成績を収め、入賞してトロフィーや表彰楯を受け取れば、思い出深い記念の品として、長い期間に亘って大切に保管することができます。

トロフィーの中でも、台座の上に飾りがあって、台座部分に受賞年月日や受賞者、イベント名称などの情報が記載されているものはオーソドックスなタイプのアイテムです。また、最近では一般的なものよりもデザイン性の高いトロフィーも登場してきています。そして、既製品として大量に生産され、銘板だけを交換するものや、ダイレクトに刻印するオーダーメイド商品もあります。トロフィーなどの記念品は、イベントを運営する側の人間でなければ購入する機会が少ないアイテムです。

これからイベントを開催するにあたって、表彰シーンで使用するトロフィーなどを注文するにあたっては、アイテムの素材にも気を配ることが大切です。巷にはさまざまな素材のものが出回っていますが、中でも、プラスチックを素材とし、メッキの施された既製品は、大量生産によるコストダウンが可能であるために、手軽な価格で手に入れることができます。



アイテムに使用される素材などに関する情報



世の中には、さまざまな素材を使用したトロフィーがありますが、中でも、プラスチック製でメッキ処理の施された既製品は、リーズナブルな価格帯で販売されているのが魅力的なアイテムです。プラスチック製品は軽量なために、運搬する際にかかるエネルギーや時間、コストの負担が軽く、使い勝手が良いというメリットがあります。ただし、軽量なアイテムでは重厚な印象の表彰シーンを演出することが難しいほか、安定性が低いという問題点が存在します。中でも、高さのあるトロフィーに軽量な素材を使用すると、置いた時のバランスが悪く、転倒しやすくなるので、注意する必要があります。そのようなリスクを軽減するためには、台座の部分だけ素材に大理石などを使用したものを購入するという選択肢もあります。また、トロフィーなどの中には、ガラスやブロンズを素材とし、ゴージャスな印象の表彰シーンを演出するのに適しているこだわりのアイテムも数多く存在します。

イベントの種類や記念品のサイズなどがどんなものであれ、トロフィーや表彰楯を贈られるのはうれしいもので、誉れ高い気分に浸ることができます。それらの表彰グッズは、これまでの努力が認められた証であり、新たにモチベーションを高めるために役立つほか、思い出深い記念の品となります。例えば、受け取ったトロフィーなどは、自宅などに飾って大切に保管し、生涯の宝物とすることも可能です。最近では、こだわりの素材を使用した記念品もバラエティ豊富に登場してきているので、気になる方にはチェックしてみることをおすすめします。



商品を比較・検討するにあたってのチェックポイント



これからトロフィーなどの表彰グッズを購入するのであれば、アイテムに使用されている素材もチェックポイントになります。中でも、プラスチックを素材とするものは、リーズナブルな価格と使い勝手の良さが魅力的なアイテムです。一方、ガラスやブロンズで作られたものは、デザイン性に優れ、豪華な雰囲気の表彰シーンを演出するのに適しています。また、プラスチック製のアイテムよりも重量があるので、表彰シーンに重厚な印象を与えることができ、置いた時のバランスも良くなります。さらに、特別な印象の表彰シーンを演出したいという方には、メダルが埋め込まれたものや文字が刻み込まれたものを選ぶのもおすすめの方法です。こちらは、単なる記念品ではなく、オブジェとしての魅力も併せ持っているアイテムと言えます。

イベントの運営にあたって、表彰シーンで使用するグッズを購入する際には、さまざまなチェックポイントがあります。購入する表彰グッズを比較・検討するに際しては、予算やイベントのコンセプトなど、一人ひとりの適性やニーズ、希望条件に見合った商品をピックアップすることが大切になります。また、最近ではネットショップも登場してきているので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。

次に、トロフィーなどの表彰グッズの中には、汎用性の高いものもあれば、それぞれのイベントのジャンルに特化したデザインのものもあります。例えば、バレーボールのアタックシーンをモチーフとしたデザインのアイテムは、バレーボール大会などのイベントで利用するのに適しています。

このように、トロフィーを購入する際は素材や予算などをチェックしておくことがポイントとなります。

次の記事へ