トロフィー販売TOP > コラム > トロフィーの購入や処分について

トロフィーの購入や処分について




トロフィーを購入してイベントや大会に活用しよう



世の中には勝ち取った栄光によりトロフィーを授与される人がいます。基本的に勝者の証しとして授与されることが多くなっています。大会で規模や参加人数はそれぞれ異なりますが、競合がたくさんいるサッカーや野球などはインターハイや甲子園に勝ち上がるためには何回も試合に勝たなければなりません。そして、全国大会1位の学校にはトロフィーが授与されます。野球やサッカー以外にもマラソンや空手、剣道など幅広いスポーツの大会で用いられます。

トロフィーと聞くと運動部の大会をイメージする人も多いですが、音楽関連の大会でも授与されることがあります。例えばピアノに関しては毎年コンクールが開催されており、優勝者には記念品としてトロフィーが授与されるということも珍しくありません。そのため、運動以外の大会にも用いられることがあります。

また、卒団や卒業記念として授与する学校もあります。卒業をするためには毎日授業に参加をしたり、テストで一定の点数を取ったりしなければ卒業できない学校もあります。つまり卒業できることは栄光と考える人もいるので、卒業記念として授与する場合もあります。

もし授与されればそれを自宅で飾ることができます。棚などに飾ることで、友達などが遊びに来た時にどのような大会で優勝したのかを知ってもらうことができるでしょう。このように授与される人は日本には多くいますが、大会主催者は逆にトロフィーを準備することが求められます。当然、注文をしなければその大会で優勝した人に授与をすることができません。注文をする方法はたくさんありますが、現在では通販サイトにて注文に対応してくれるところもあります。そのため、通販サイトで購入をして大会やイベントに活用してみてはいかがでしょうか。



トロフィーの処分について



現在自宅にトロフィーを飾っている人の中には処分しなければならない人もいるのではないでしょうか。基本的に紙などの燃えるゴミとは異なり、銀などが使用されているので処分方法について迷う方は珍しくありません。

まず処分をする前に思い出として写真を残す人もいます。処分をしてしまうと存在しないものになるので、写真などで残しておくとその大会に優勝した証拠として残しておくことができます。現在ではデジタルカメラや一眼レフを所有している人も多くいるので、カメラで撮影したり、これらの機器を持っていない人はスマートフォンで写真撮影をしたりしておくと思い出として残すことができるでしょう。

また、写真だけでなく、プレート部分だけ取り除いて保管する人もいます。プレートには大会名などが書かれているので、プレートを見せれば周囲の人にどのようなコンクールで優勝したのかを説明できます。さらに、プレートは比較的サイズが小さく、引き出しなどにしまうことができるため、管理がしやすくなります。

処分方法は複数挙げることができますが、その一つにリサイクルショップへの売却を挙げることができます。リサイクルショップの中にはトロフィーの買取を受け付けてくれるところもあり、買取サービスを利用することで処分することが可能です。また、現在ではリサイクルショップだけでなくオークションなどもあるので、オークションを活用すれば処分することも可能です。その他にも銀などの金属として売る方法などを挙げることができます。



トロフィーを購入するための通販サイトの選び方



トロフィーを購入する人の中にはどのような通販サイトを選べばいいのか知らない人もいるかもしれませんので、そういった方を対象に選び方を紹介します。

選び方の一つとして挙げられるのが買い物の手間を省く機能が通販サイトに搭載されているかどうかです。通販サイトの中には手間を省くためにジャンル別、デザイン別で販売をしてくれるところもあります。例えば野球の大会の主催者が野球のジャンルを選択することで野球大会で利用しやすいトロフィーを選択できます。そのため、このような通販サイトを選択すれば手間をかけることなくお買い物をすることが可能です。

まず注文をする時はデザインを決めます。現在、通販サイトで販売しているところでは様々な種類のトロフィーを扱っています。例えば人形付きのもの、球技ボールがデザインの中に組み込まれたものなどがあります。豊富なデザインの中から選択できるので、授与する相手が喜びそうなものを選択できるでしょう。デザインが決定したら実際に通販サイトから注文をすることができます。通販サイトの中にはお買い物の利便性を上げるための機能が搭載されているサイトも多くあるので、そのような機能を利用すれば選択肢も多く手際よくお買い物ができます。

その他、なるべく負担を少なくするために他社と値段を比較して、安い価格で販売してくれるところを選択する人が多くなっています。そのため、価格をしっかりと比較して予算内で購入できるようにしましょう。

次の記事へ