トロフィー販売TOP > コラム > トロフィーはどこで販売しているの?購入方法を知ろう

トロフィーはどこで販売しているの?購入方法を知ろう



低価格で製作する



スポーツの大会や町内会で催すイベントなどで景品があると盛り上がること間違いないありません。その中で後々にも形として残るトロフィーは純粋に嬉しいものです。見た目の豪華さもちろん、獲得した人にとって一生の思い出になることでしょう。次の機会に向けてモチベーションを高める効果もあるでしょう。

もしトロフィーを渡す立場になったとき、用意するにはどうしたらよいか、どのぐらいの費用感なのか、気になるかと思います。現在ではそうしたときに頼れる制作業者が多くあります。そこではトロフィーはもちろんのこと、メダルなどの表彰にもらって嬉しい商品を高品質かつ低価格で作ることができます。トロフィーのデザインは多種多様あり、制作時に選べる色もシルバーやゴールドをはじめ、透明色などを扱っている業者もあります。スポーツの種目を表した人形がついたものなども数多く揃えているため、自分のニーズに合ったものを選ぶことができます。文字の彫刻も行っているので、そのイベントだけのトロフィーを用意することができます。

そして、業者を利用するメリットは価格の安さにもあります。細かい要望を打ち合わせし、高い技術力を持ったスタッフが文字入れのような細かい作業に対応してもらえます。そのため多くの経験から早くて安い製作を行います。急ぎの製作依頼であっても、臨機応変に対応するため安心して依頼できます。これらの業者はインターネットで探すことができるため、ホームページをみて費用感や種類を事前にチェックしておくのがお勧めです。納期や値段など気になることがあれば、メールで問い合わせてみてはいかがでしょうか。



専門店に気軽に注文



普通に生活しているなかでトロフィーをもらえる場面はあまり多くありません。学生時代に部活動などで表彰されたり、社会人ではゴルフの大会などで優勝した経験などがなければ、トロフィーをもらうことはないでしょう。トロフィーをもらうためには単純に結果が良いだけではなく、優勝などの成績をおさめる必要があります。そのような特別な成績を讃えるためのものなので、そのトロフィーも慎重に選ぶ必要があります。

大切なのが単純に大きなものであればいいというものではないことです。あまり大きすぎてしまうと貰う人はかえって困ってしまうこともあります。例えば、盃のタイプで少し大きいものであれば勝利の美酒を味わうことができ、盛り上がることでしょう。このように記念品をもらうときのことを考えてトロフィー購入をすれば、自然と良いものを選ぶことができます。デザインについても開催される大会の趣旨に添っているものが望ましいです。イベントのイメージに合ったデザインであれば、受賞したときの感動もより大きくなります。相手が分かっている場合はその人の好みを考慮してもよいでしょう。

選ぶ際には実物の制作や販売をしている店舗を訪れ、実物を見ながら購入するのがおすすめです。しかし、時間がない場合やネットで注文することもあるでしょう。そうした際には、注文前にサイズや質感などをよく確認しておくようにしましょう。高さや重さなど、詳しく掲載されています。小さな大会で使うときでも一本から販売されていますので、気軽に注文することができます。



デザインは重要な要素



スポーツ競技会や文化芸術系のコンクールで受賞したときの商品として贈られるトロフィーは、一般的な形としては丈の高いカップ系や翼を広げた鷹の像のようなデザインがイメージされます。しかし、そうしたものではなくあえてオリジナリティの溢れる品を使うことで、普段よりも大きな感動を与えることも可能になります。それによって大会の参加意欲や士気を向上させることもできます。

そもそもトロフィーの歴史は、戦争で敵から獲得した戦利品が始まりです。「敵の敗北を記念する」というギリシャ語がトロフィーの起源と考えられています。現在では、優勝カップや盾といったものも含まれており、狩人が壁に獲物を飾ることも同じ意味です。また、本来の使用方法とは異なりますが、ゲームなどでは好成績を出した人に対してゲーム内で与えられる称号を示すケースもあります。いずれも優れた成績を称えているものになります。

従来ではカップ型がトロフィーの主流でしたが、最近では様々なデザインのものが使われるようになりました。一般的なものであればどのような場面でも使用可能ですが、スポーツなどの表彰に使う場合にはその競技を表しているデザインのものもあります。また、材質にも注意する必要があります。アルミやアクリル、樹脂など使われている素材によって、それぞれ特徴があります。もちろん授与するうえではコストも考えなければなりませんが、デザインや材質など満足したものを購入することで、贈られた人も喜ぶことにつながるでしょう。数少ない機会であるため、その人にとって特別なものとなるようにしたいものです。

次の記事へ