トロフィー販売TOP > コラム > トロフィーや表彰楯に使用される素材などの情報

トロフィーや表彰楯に使用される素材などの情報



トロフィーや表彰楯が使用される場面や、商品の種類について



スポーツ大会や、音楽・美術といった芸術分野でのコンクール、あるいはコンテストなどでは、優秀な成績を収めて賞を受けた人に対して、トロフィーや表彰楯が贈呈されるケースが数多くあります。こうした記念品は、個人だけではなく、学校やチームなどの団体単位で授与されることも多く、学校の中に飾られているシーンなども見受けられます。さまざまなイベントに参加し、優秀な成績を収めたことの栄誉を称えて贈られる記念品は、長い期間に亘って大切に保管されることの多いアイテムです。

最近のトロフィーは、一般的な形状のもの以外に、デザインにこだわったものも登場してきていますが、オーソドックスなものは、台座の上に飾りがあり、台座には授与された年月日や受賞した人の氏名、参加したイベントの名称などが記載された銘板がついています。こちらは、イベントを開催する立場の人間でないと、注文する機会が少ない商品となります。トロフィーなどの中には、銘板のみを交換する既製品もあれば、直接刻印するオーダーメイド品も存在します。

それらの記念品を購入するにあたっては、使用されている素材もチェックすべきポイントになります。素材にもさまざまなバリエーションがありますが、中でも、プラスチックにメッキを施した既製品のトロフィーは、大量生産をすることが可能で、リーズナブルな価格で販売提供されています。ただし、プラスチック製品の場合、軽量であるため安定性の問題があります。特に、高さのあるトロフィーになると、バランスが悪くなるため、台座の部分だけに大理石などを使用したものも人気があります。その他に、ガラスやブロンズを使用して豪華な雰囲気を醸し出しているものなど、素材にこだわった商品も多く存在します。



表彰グッズの果たす役割と、使用される素材などに関する情報



参加するイベントや記念品の大きさなどにかかわらず、トロフィーや表彰楯をもらうのは嬉しいもので、新たなやる気を引き出すために役立ち、良い記念にもなります。また、もらった記念品を自宅などに飾り、一生の宝物として大切に保管することもできます。以前と比較して、最近では、記念品に使用される素材もバラエティーに富んだものとなってきています。

例えば、プラスチック製のものは、価格が安いというメリットがあります。その一方で、ガラスやブロンズを素材とするものは、デザイン性が高く、ゴージャスな印象を与えてくれるほか、プラスチック製のものよりも重量があるため、安定感が増すというアドバンテージもあります。その他に、メダルが埋め込まれたもの、文字が刻み込まれたものなどは、スペシャルな雰囲気が魅力的で、オブジェとして飾っておくのにも適しているアイテムです。また、形状やデザインも様々で、大会の趣旨に合ったものを注文することができます。また、ガラスではなく、アクリルを素材とした商品は、ゴージャスな雰囲気を失わず、リーズナブルな費用で手に入れることができるのが魅力です。

この先、イベントを開催するにあたって、入賞者にプレゼントする記念品を選ぶ際には、さまざまな条件に気を配る必要があります。例えば、予算やイベントのコンセプト、商品の個数などを考慮に入れた上で、アイテムを比較、検討することがポイントになります。最近では、インターネット上で注文することのできるショップもあるので、チェックしてみるのもおすすめの方法です。



表彰楯などの記念品を購入するにあたっては



トロフィーや表彰楯は、スポーツ大会や文化系のイベントで目にすることの多いアイテムです。こちらは、オーソドックスなスタイルのもの以外に、それぞれのスポーツのジャンルに特化したデザインの施されたものも存在します。例えば、バレーボールでアタックしている様子がデザインされている商品は、使用する機会がバレーボール関係のイベントに限定されます。こうしたアイテムを、デザインのコンセプトと関係のないイベントで使用することはできないので、商品選びの際には注意する必要があります。

また、一般的なものではなく、ガラスやブロンズなどの素材を使用したこだわりのアイテムを手に入れたいと考えている方もいるのではないでしょうか。 このような場合、まずは専門の業者スタッフに相談、問い合わせをしてみるのがおすすめの方法です。

トロフィーや楯などの記念品は、功績を称えるために授与されるものですが、感動的な一瞬を切り取った記念の品と言うこともできます。こちらは、受け取った人にとって宝物ともなるアイテムなので、イベントの開催者として用意するにあたっては、相手に喜ばれるような商品を選ぶことが大切になります。そして、良い商品を手に入れるためには、値段が安いだけではなく、品質の面でも信頼性が高く、きちんと相談に乗ってくれる業者を利用するのが重要です。

次の記事へ