トロフィー販売TOP > コラム > トロフィーを作るのであれば通販がポイント

トロフィーを作るのであれば通販がポイント



勝利者の戦利品だったトロフィー



スポーツなどで賞をとったとき、トロフィーを贈ることが多いでしょう。優勝者に与えられるものであり、優勝カップや盾などを贈ることもありますが、これも総じてトロフィーです。勝利者を祝福するために贈られるものになりますが、何か大会やイベントなどの上位者には、小さなものが贈られるようになりました。

主催する側とするといくつも用意しなければならなくなりますが、通販で作ることができるようになったことで、大きな負担ではなくなったでしょう。以前のように、専門店に赴き、どんなものを作るのか相談して、時間を掛けて作るよりも簡単に注文することができて、素早く到着するのですから通販は便利です。

勝利者に与えられていた理由のひとつが、これが戦利品であるということでしょう。相手から奪い取ったものを飾っていた習慣がトロフィーとして残ったのが有力な説で、ギリシア語が語源といわれています。奪い取ったものは、鎧や兜、盾といったものだけではなく、相手のものであれば何でも持ち去りました。戦いに赴くということは、それだけでも大きな負担です。お金が支払われることもありましたが、それだけでは自分の命ということでは足りず、金目のものは何でも自分のものにしました。売り払う目的もありましたが、飾って武勇を誇るということも目的だったといえるでしょう。

ギリシアでは、相手の残した武具などをわざと敗走地点で飾り付けるようなこともしました。自軍の士気を上げるためということもありますが、なにより敵の士気を落とすという目的だったといえるでしょう。自分たちの部を勝ち誇るように飾り付けることもあったため、これが活躍したものに贈られるようになり、トロフィーとなって行ったといわれています。古代ギリシアの話でしたが、今の形になったのは19世紀後半ですので長い歴史の中で変わっていったといえるでしょう。



トロフィーを選ぶときに大切なこと



今では大会などの勝利者に贈るトロフィーですが、もらえばやはりうれしいものですし、記念にもなっていくでしょう。飾り方まで考えている人も多いはずです。

トロフィーを飾る場所としては、光が当たる場所を選ぶことが多いでしょう。光に反射し輝くことで、美しく見えるからです。暗い場所でもスポットライトを当てるなど工夫している人も多いでしょう。専用の棚もあるとしっかりと目立たせることができますが、そのためにはしっかりとしたものを作らなければいけません。なんだか存在感がないと思われてしまうと価値は半減してしまうでしょうし、それでは記念にもなりません。

トロフィーを選ぶ場合には、できるだけ喜んでもらえるものということが重要です。光り輝くように飾りたいものと思われるのですから、デザインも考えておかなければいけないでしょう。素材や形の問題も喜んでもらえるということを基準に考えれば、しっかりと選ぶことができるはずです。

予算で決めるという方法もあります。重要なポイントであることは間違いなく、どんなに良いものでも予算をオーバーしては意味がありません。大事なものですので、予算をしっかり見定めターゲットを選ぶことが必要です。



通販を利用することが最近のトレンド



トロフィーを購入する場合、通販で購入するのはとても大きなメリットがあります。いろいろなところで販売していますし専門の店舗も存在しますが、通販のほうを利用している人が断然増えている点に注目しなければいけません。なぜ通販にメリットがあるのかといえば、手軽であるということが挙げられるでしょう。店舗に行く必要はなく、パソコンのモニターで見ながら考えればいいからです。

また、デザインを比べてみるのが簡単であるということもあげられます。店舗で比較する場合、どうしても数多くの商品を見て回れません。結局時間がかかるからと、最後はカタログを見ることになったりするでしょう。現品を見るというのは、とても時間がかかり限界があります。パソコンの画面で見て比較しても、大きな違いはありません。大量の商品を見ることができますので、複数の店舗にいったりする必要もありません。比較も容易で、手間をかける必要もないでしょう。

実際には、店舗で陳列する場合、通販ほどの量をおいて見せることはできません。現実的にそこまでの陳列スペースが取れないからです。注文をする際にも、インターネットを使えば非常に簡単にできてしまいます。決済も一瞬ですので、時間をかける必要もないでしょう。

名入れなどもできるので、店舗にて作るのと変わらないというのもポイントです。今まで作ったことがない人でも簡単に作ることができてしまうので、何の心配もいりません。電話でコンタクトをとったりもできますし、メールで用件を伝えるのも容易です。簡単に利用できるようになってるので、うまく活用して行くといいでしょう。

次の記事へ