トロフィー販売TOP > コラム > トロフィーメーカーと販売店について

トロフィーメーカーと販売店について

販売店やメーカーでは様々なスポーツに活用できるトロフィーを扱う



トロフィーの歴史は古く、古代ギリシャの時代までさかのぼります。今でも様々なスポーツの大会で授与されていますが、当然そのトロフィーを製造するメーカーや販売店があり、授与する時にはそのようなメーカーに依頼をして製造してもらったり、販売店を利用して購入しネームプレートにレーザー彫刻をしてもらったりすることができます。販売店やメーカーは日本には数多く存在し、製造のみを行うところや販売サービスだけを提供する販売店もあります。基本的に販売店やメーカーでは様々な種類の製品を製造、販売しており、様々なスポーツに活用できるトロフィーを作ってもらうことができます。

例えば授与する機会があるスポーツにはマラソンがあります。冬には日本で駅伝が開催され、大学に所属する選手が他の大学と競ったりしています。また、一般の人向けの大会なども開催されます。マラソン大会では優勝した個人や団体に授与することも多く、実際に購入をして優勝者の栄誉をたたえている大会もあります。

その他のスポーツでは野球、サッカーバレーなどです。これらのスポーツは、子供から大人までたくさんの人が競技者となり大会に参加します。例えば小学校では少年団があるので春や秋には地区大会や県大会が開催され、学校ごとで優勝を狙うことになります。大人でも草野球などがあるように、大人が参加できるスポーツでもあるので、大人向けの大会が開催されることがあります。このように子供から大人まで楽しむことができるスポーツもありますが、トロフィーは会社のコンペなどでも活用されることがあります。

例えば会社の中にはゴルフコンペやボーリング大会などを定期的に開催しているところは珍しくありません。会社の社員だけが参加する大会もありますが他の会社と合同で行うところもあり、大きな規模で大会を開催するところもあります。ゴルフコンペではそれぞれの競技者がスコアを競うことになり、優勝者にはトロフィーを授与したいと考える会社は珍しくないでしょう。実際にメーカーの中にはゴルフクラブをスイングしている様子がデザインに使われた製品の製造も行っており、販売店を利用して購入することができます。このようなデザインのものを購入すればそれを見た方がどのような競技で優勝したのかを知ることができるので、コンペなどにも取り入れやすい製品です。メーカーや販売店ではその他のスポーツの大会で活用できる製品を多く扱っているので大会開催者は一度どのようなデザインの製品を販売してくれるのか確認して自分が開催する大会に取り入れることができるものがあるのか確認してみます。



トロフィーの選定方法について



販売店で扱うトロフィーの種類は多く、スポーツなどの競技から好みの製品を選定することも可能ですが、その他にも多くの種類があるので、選定方法を知っておくと大会主催者などは参考にすることができます。

選定方法の一つはメーカーです。メーカーは製造を担当する企業になります。当然、製造する企業で質などが異なる可能性があるので、選ぶ際にはどのような会社が製造元なのか確認する人も多いです。その他の選定方法としてはデザインになります。現在では販売店で扱われる種類が多く、それぞれの製品でデザインが異なります。例えば特定の競技を象徴するデザインや使われる素材なども異なります。そのため、デザインを選ぶ時には自分が開催する大会や目的に適しているのかを確認して選定します。

選定する時はサイズを確認する人も多くいます。サイズはそれぞれの製品で異なります。サイズの選び方に困る人もいますが、大会の規模が大きければ大きいほどサイズを大きくしている人もいます。このようなトロフィーの選び方があるので、これらを参考に適切なものを選択しましょう。



販売店の選び方のコツ



トロフィーを取り寄せする人の中には直接メーカーから購入する人もいますが、販売店を通じて準備する人は少なくありません。

そのため、販売店の選び方を紹介します。販売店の選び方のコツの一つは対応力になります。当然、販売店には迅速かつ丁寧な対応をしてほしいと考える人が多いでしょう。もし素早い対応をしてくれれば質問に対して回答を待つ時間なども短縮されます。また、丁寧な対応をしてくれることで相手が話していることを理解することができます。そのため、どのような対応をしてくれるのかを事前に確認します。

その他にも、価格を確認しましょう。販売店によって価格に差が生まれることは知っている方も多くいるでしょう。価格は安ければコンペや大会を開催する主催者の負担は少なくなるのでメリットを感じることができる人も少なくありません。複数の販売店の候補があり、もし値段を比較できるのであれば比較検討をして自分に合ったところを選択することで後悔の少ないお買い物ができる可能性があります。

次の記事へ