トロフィー販売TOP > コラム > トロフィー作成ショップに依頼する際の注意

トロフィー作成ショップに依頼する際の注意



トロフィー作成ショップでできること



賞品や記念品として贈られることが多い、トロフィー。そんなトロフィーですが、必要になった場合は、ショップに注文をして用意をすることになります。ショップによっても異なりますが、トロフィー作成ショップでは、主にこのようなことができます。

まず初めに、トロフィーの形をオーダーすることが可能です。同じ商品でも、形はもちろん、サイズや素材、色合いなどを選択することができますので、必要に応じてオーダーすることができる点が専門店に発注するメリットだと言えます。

次に、商品に名前などの文字を刻んでもらうことが可能です。大会の名前や優勝者の名前など、必要に応じて刻印を行うことができることはもちろん、デザインの一環として彫刻を施してもらうなどもできますので、注文者だけのオリジナルの商品を作成することも可能です。

そして、必要に応じて飾りつけなどを行ってもらうことができる点も、特徴の一つだと言えるでしょう。基本商品にプラスアルファをして旗などをつけたり、一部分をデコレーションしてもらうことができるようなサービスを行っているショップもありますので、希望があればそうしたショップに注文をすることを検討してみると良いでしょう。

このように、同じ商品でも非常にオリジナル性が高く、バラエティに富んだものを作ることができますので、希望がある場合は、ショップ選びの際にどれだけのオーダーをすることができるのかを、お店に確認をしてみると良いでしょう。

当然ながら、お店によってオーダーできる範囲は異なりますが、このようにショップでは様々なことをしてくれるので作成する際の参考にしてみてください。



どんなものを作れるのか



様々な種類を作成することができるトロフィーですが、具体的にはどのような商品を作成することができるのでしょうか?こちらもお店によっても異なりますが、主にこのような際に作成をすることができると言えるでしょう。

まず初めに、大会の優勝賞品などのタイプです。優勝、準優勝など、順位によって商品のデザインやサイズなどを変えて作成するという方や、商品そのものの色を、ゴールド、シルバーと変えるなど、大会によって順位で色を変えて作成をするという方もいます。このように、大会の賞品として提供をする際には、バリエーションを変えて作成をするという方も少なくありません。

次に、参加賞としてのタイプです。優勝などをしなくても、参加賞としてトロフィーを作成するという方も多く、小さなく素材も軽くした物を用意して、参加賞として商品を配るというタイプの物も少なくありません。これは大会だけではなく、保育園や幼稚園の運動会などでも利用されることが多いタイプだと言えるでしょう。

他にも、コンテストやコンペ、資格取得、記念日等の際などにも、トロフィーが贈呈されるというケースもあり、幅広く利用されることが多いと言えるでしょう。様々な場面で使うことができるからこそ、利用する場面にピッタリの商品を作成することで、よりオリジナリティを作ることができると言えます。賞品としても記念品としても活躍することができるのが特徴ですので、何かの賞品や記念品を作成したいと考えている方は、トロフィーを作成することを検討されてみることをおすすめします。



依頼時に必要なことは?



トロフィーを作成する際にはショップによっても異なりますが、主にこのようなことが必要になりますので、事前に準備をしておくことが大切です。

まず当然ですが、商品そのもののデザインなどをどうするか考えるということです。賞品はオリジナリティに富んで作成することができるため、ある程度のデザイン案を考えておかないと、ショップ側とのやり取りに時間がかかってしまう可能性があります。できるだけ事前にどのようなものを作るかを、ある程度は考えておくべきだと言えるでしょう。万が一、何もデザイン案が浮かばないと考えている場合は、お店によってはテンプレートを用意している場所もありますので、必要に応じて利用することもおすすめです。

次に、金額の支払い方法を事前に確認しておくことが大切です。作成料金はショップによって支払いタイミングが異なりますので、事前にショップに確認をし、費用を用意しておくようにしましょう。事前払いもあれば、作成後に支払う場合もありますので、よく確認をしておくことが大切です。

そして、彫刻や刻印を注文する際には、字の間違いがないかどうかをよく確認をしましょう。字を彫る場合などは、特にその商品は他の方に使いまわせなくなりますので、返品や交換ができません。必ず注文時に、字の間違いがないかどうかを確認して、商品ができ上がった後も、第一に字の間違いがないかどうかを確認を行うように心がけましょう。

このように、作成時には何かと気を付けなければいけませんので、ショップを利用する際にはこうした点を押さえておきましょう。

次の記事へ