トロフィー販売TOP > コラム > ミニサイズのトロフィーによる子どもの表彰について

ミニサイズのトロフィーによる子どもの表彰について


ミニサイズのトロフィーなどを使用して子どもを表彰する事例



子どもをアワード(表彰)するためのアイテムとして、ミニサイズのトロフィーなどがあります。子どもは、自分に対して正当な評価を受け、それを周囲に認められると、達成感や満足感をおぼえ、さらなる成長を遂げることができます。そういった子どもの成長を促すためにおすすめなのが、アワード(表彰)です。

子どもを表彰する時には、結果だけではなく、それに至るプロセスや、チャレンジ精神にも賞賛を贈ることが大切です。成長を認め、周囲の人に評価され、その感動がトロフィーなどの形となって残れば、それを見るたびに、当時のことが思い出され、さらなるやる気が生まれることでしょう。そして、1つの目標を達成したことが自信につながり、新たなやる気が生まれる、という良いサイクルを繰り返すことにより、いつの日か大きな夢を実現することができるでしょう。

ただ、子どもを褒めるのが良いことだと言っても、その方法を間違えると、思わぬ問題を引き起こす可能性もあるので、注意する必要があります。例えば、「頭が良い」・「賢い」など、子どもの資質について褒め続けた結果、子どもが挫折した時に立ち直りにくくなるという調査データも報告されています。その一方で、「辛抱」や「集中力」、「真面目な気持ち」など、本人の努力を賞賛し、結果は後天的な努力によって生まれるものと示唆すれば、子どもが失敗した時にも、自分には資質がないからしかたないと落ち込むのではなく、努力が足りなかったのだから頑張ろうという気持ちが生まれると言われています。



子どもを褒める時にチェックしておくべきポイントはこちら



結果や資質だけを見て、ミニサイズのトロフィーなどを使って、子どもに根拠のない褒め言葉を掛けてはいけません。中身が伴わない賞賛をして、そのことを子どもに見破られてしまうと、信頼関係を取り戻すのも大変な作業となってしまいます。そうした状況に陥ることのないよう、褒める時には内容をよく考え、褒めるに値するかどうかを見極めて、伝え方や言葉のチョイス等も重要になってきます。

子どもを褒める場合には、むやみやたらと賞賛すれば良いというものではなく、その方法に気を配ることが大切です。子どものさらなるやる気を引き出すことができるよう、適切な方法で賞賛を行ないましょう。

まず、子どもの性格は、一人ひとり違っています。したがって、子どもを褒める時にも、それぞれの性格を考慮に入れて、適切な方法で賞賛することが大切になります。例えば、厳しく接することで発奮する子どもに対して、甘い言葉で多くの賞賛をすることは逆効果になりがちです。その一方で、たくさん褒められることでやる気になる子どもには、できるだけ多くの良いところを見つけて、励ます言葉をかけてあげましょう。

子どもを褒める時には、そのタイミングに気を配ることも大事です。子どもが賞賛に値することをした時に、その場ですぐに褒めてあげれば、子どもの感動もそれだけ大きくなるというものです。また、子どもが1人の時ではなく、人前で褒めてあげれば、より賞賛の効果も高くなります。

しかし、子どもは当然ながら、失敗することもあります。そのような場合に、頭ごなしに叱りつけたり、無責任な気休めを言ったりしてはいけません。子どもが失敗した時には必ず理由があります。なぜそのような結果となったのかを、子供の目線で一緒に考えてあげることが大切だと言われています。



適切な方法で子どもを賞賛して、相手のモチベーションをさらに高める方法



ミニサイズのトロフィーなどを贈って子どもを褒める場合、賞賛の理由を明確にしておくことが大切です。賞賛に値する事実もないのに、やみくもに褒められていることを子どもが察すると、お互いの信頼関係は損なわれ、簡単に修復することができなくなってしまいます。

また、結果だけではなく、それまでのプロセスやチャレンジ精神も褒めてあげることが重要です。子どもは、人間としての成長段階にある存在ですから、結果にとらわれず、ひたむきに努力することの大切さを教えることが何より大切になります。他にも、形となって表れにくい優しい心遣いなども褒めてあげれば、自分のことをきちんと見てくれているという信頼につながり、賞賛の効果はさらに高まります。

そして、儀礼的な方法で賞賛しないよう、気をつけることも大切です。適当に褒めると、心がこもっていないことを子どもに見抜かれ、効果は薄れてしまい信頼関係にも影響します。

子どもを褒める時に、ご褒美としてお小遣いなどをあげるケースも多く見受けられますが、子どもは、大人ほどに、金銭的なものに価値を見出していません。それを踏まえて、子どもの純粋な気持ちを尊重した褒め方を工夫することが大切です。また、褒められた時とお金をもらった時では、脳の反応に違いはないという調査データも報告されています。子どもにとって一番価値があるのは、自分の存在を認められたことによる喜びであるので、そういった事情から、必ずしも金銭的なものをあげる必要はないと言えます。

次の記事へ