トロフィー販売TOP > コラム > リボン付きトロフィーなどの活用をお考えの方へ

リボン付きトロフィーなどの活用をお考えの方へ



トロフィーなどの記念品が贈られるシーンと、商品の購入について



スポーツ大会などのイベントで優勝したり、上位への入賞を果たしたりした人には、その栄誉を称える意味合いから、トロフィーなどの記念品が贈られるケースも多く見受けられます。トロフィーなどの表彰グッズは、リボンをかけてデコレーションするなどして、豪華さを増すこともできます。

世の中では、さまざまな種類のスポーツ大会において表彰グッズが使用されています。また、スポーツ以外のイベントなどでも、何らかの功績があった人物には、トロフィーなどが贈られるケースも数多く存在します。

そのように、表彰グッズは、さまざまなシーンで目にしますが、イベントなどを開催する立場の人間にとっては、トロフィーなどを用意する必要があります。これから表彰グッズを購入するにあたっては、ラインナップされている商品の種類について、あらかじめ理解を深めておくことも大切です。トロフィーなどを取り扱うショップの運営するウェブサイトを閲覧すれば、いろいろな種類の商品をチェックすることができます。

例えば、商品のカラーやサイズ、素材などの条件は、購入する優勝カップを選ぶ上でのチェックポイントとなります。中でも、サイズの大きいものや上質な素材でできた商品には、高額な値段設定がなされています。また、優勝カップの中には、オリジナルの彫刻を入れてもらうことのできるものもあります。例えば、素材にクリスタルを使用し、本体の部分に大会の名称やロゴマークなどを刻み込んだものなども存在します。こちらは、カップの部分が既製品となっているアイテムと比較して、オリジナル性が高いという魅力があります。



購入する優勝カップの選び方と、優勝カップを贈るメリット



この先、スポーツ大会などを開催し、優勝した人に贈るリボンつきトロフィーなどを用意するのであれば、購入する商品の選び方にも気を配ることが大切です。例えば、クリスタル製で本体部分に彫刻が入るタイプの商品は、優勝カップの購入にあたってオリジナリティを活かしたいという方におすすめのアイテムと言えます。こちらは、オーソドックスな商品と比較すると、素材やデザイン性などの違いから、費用がかさむ傾向にありますが、せっかくの表彰シーンなので、心に残るものを贈りたいと考える方にはおすすめです。また、本体部分は既製品であっても、台座の部分に大会の名称やマークなどを表示することで、出場した大会などの記念に相応しいものにすることができます。

次に、スポーツ大会などを開催するにあたっては、優勝カップを採り入れる意味合いについて理解を深めておくことも大事になります。例えば、開催されるイベントの中で優れたパフォーマンスを発揮し、その栄誉を称えて贈られる優勝カップは、その思い出を形にして、一生の宝物とすることができます。当時の感動や喜びが形になって残れば、もらった優勝カップを眺めながら、思い出話に花を咲かせて楽しい時間を過ごすこともできるでしょう。

受け取ったトロフィーは、自宅や学校などに飾っておくことができるというアドバンテージもあります。学校などであれば、優勝したクラブに贈られたカップを、校長室やエントランスなどに飾っているケースも多く見受けられます。実績や思い出を形にすることで、部活動に力を注ぎ、それなりの功績を残したことを証明し、自分の学校をアピールすることも可能になります。



もらったトロフィーを保管する場所や、持ち帰る方法などに関する問題と解決の手段



さまざまなイベントに参加して、優秀な成績を収め、記念の品としてリボンのついたトロフィーなどを受け取るのは嬉しいものです。ただ、もらった優勝カップなどを自宅などに飾るためには、それなりのスペースを確保する必要性が生じます。特に、自宅などに収納するスペースが少ない場合や、こういったものを受け取る機会が多い場合には、もらったトロフィーの保管場所に困る場合もあるので、注意する必要があります。こちらの問題を解決するためには、限られた空間を上手に活用するべく、収納棚などを利用するのもおすすめの方法です。

1つのスポーツ大会などで優勝し、優勝カップを受け取ると、同じような他のイベントでもトロフィーをもらえる可能性も高くなります。収納棚などを活用するにあたっては、そのあたりの事情も踏まえた上で、必要になると思われるスペースを確保しておくとよいでしょう。

また、優勝カップを受け取った後、持って帰るために要するエネルギーや時間、コストの負担にも気を配ることが大切です。特に、イベントの開催地が自宅から遠方にある場合などは、その種の負担が重くなります。ひと口にトロフィーと言っても、ラインナップされている商品の重量やサイズにはさまざまなバリエーションがあるので、イベントの運営者は、開催場所などの条件によって適切なアイテムを用意することも大切です。

次の記事へ