トロフィー販売TOP > コラム > 優れた素材のトロフィーなどで子どもを効果的に賞賛する方法

優れた素材のトロフィーなどで子どもを効果的に賞賛する方法


トロフィーなどを使用して子どもを表彰するという行為について



他人から自分に対する正当な評価がなされ認められた時に、達成感や満足感を味わい、成長に役立てることができるのは、大人も子どもも変わりありません。そのような場面で役に立つのが、トロフィーやカップ、楯、メダルなどを活用した表彰になります。子どもを表彰するにあたっては、結果はもちろんのこと、それに至るプロセスやチャレンジ精神にも賞賛を贈ることが大切です。

このようにして、適切な方法で子どもを褒めれば、トロフィーなどは本人の感動を具現化したものとして残り、モチベーションの向上に役立つことでしょう。子どもが努力を積み重ね、いつの日にか大きな夢を実現する時が来るようにと願うのであれば、トロフィーなどによる表彰を効果的に活用することをおすすめします。

また、表彰に利用するトロフィーなどの商品を購入するにあたっては、その素材や加工方法にも気を配ることが大切です。例えば、金属製のプレートに文字のレーザー彫刻をほどこした商品も存在します。彫刻する文字には、出場した大会の名称や結果の順位、本人の名前などを選択することが可能です。また、選手の名前の部分だけを差し替えた複数のトロフィーなどを用意すれば、統一感のあるアワードを行うことができます。そのようにレーザー彫刻をほどこした商品は、文字による訴求効果があるので、贈られる人にとっては特別なものとなるはずです。



表彰に使用するトロフィーなどを購入する店舗の選び方と、子どもの褒め方



素材や加工方法などのクオリティが高いトロフィーなどを購入するにあたっては、利用する店舗の選び方も大切なチェックポイントとなります。例えば、インターネット上には、一定の金額以上の商品を購入すると、送料が無料となるショップも存在します。

皆さんの中には、子どもの頃に親や周囲の人たちから、温かく誠実な褒め言葉を掛けられたことをきっかけにして、向上心を持って努力し、成長した現在の自分があると感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 そして、今度は子どもを褒める立場になった時、自分の経験を思い出して、適切な賞賛の方法を見つけ出し、実践することが大切です。

子どもを褒める時に、何かにつけて「頭が良い」「賢い」などと、資質や能力に関することを口にする人がいます。しかしながら、そのような方法で子どもを褒め続けると、本人が失敗や挫折をした時に、自分には資質・能力がないのだから、努力しても仕方がないという気持ちになり、立ち直ることが難しくなると言われているので、注意する必要があります。

そのようなリスクを回避するためには、ただ単に褒めれば良いと考えるのではなく、褒め方に気を配ることが大切です。

例えば、辛抱や没頭、真面目な努力など、結果に至るプロセスやチャレンジの精神に重点を置いて賞賛を贈り、成功や失敗は後天的な要素によるものと示唆すれば、子どもが失敗や挫折を味わった時にも、自分には何らかの面で頑張りが足りなかったと反省し、立ち直って努力するようになるという話です。



賞賛の方法を間違えないために気を配るべき事柄とは?



子どもが一定の年齢に達すると、褒められたということ以外に、褒め言葉に込められた意味や内容にも気が回るようになります。そのような子どもに対して、良い素材のトロフィーなどを贈り、然るべき根拠もなく心のこもっていない褒め言葉を掛けると、相手に本心を見抜かれて、お互いの信頼関係に傷が付き、修復することが難しくなってしまいます。

そういう状況に陥るのを避けるためには、何らかの事実や特定の技能、努力に基づいて賞賛を行う必要があります。また、むやみやたらと子どもを褒め続けるのも、好ましくないと言われています。常に褒め続けられている子どもは、その状態が崩れてほしくないという思いから、次第に失敗を恐れるようになるということです。

また、子どもが成功した時の褒め方だけではなく、失敗した時の対処方法にも気を配ることが大切です。例えば、何らかのミスをして結果が悪かった子どもに対して、「次はきっと良い成績が取れるから大丈夫」という言葉を掛けるケースが見受けられます。そのような場合、元気づけたつもりでも、ミスや問題の内容や解決のための手段を明らかにしないと、子どもは、次は本当に大丈夫だろうかという不安感を抱き、逆効果になってしまう傾向にあります。そういう失敗をしないためにもミスや問題点について子どもと話し合い、一緒に解決の方法を見つけ出すことが大切です。

育児や子どもの教育に追われる、母親や現場のスタッフにとって、学説やマニュアルに従って行動する余裕などないかも知れませんが、場合によっては素材や加工方法のクオリティが高いトロフィーなどを用いて良い結果を残した時に贈呈することにより、それまでの努力や試行錯誤した結果を形に残せることは、これからの頑張りにも繋がります。良い結果を導き出すためにトロフィーなどを活用したり、褒め方を工夫することで、いつまでも思い出としても残るものになります。

次の記事へ