トロフィー販売TOP > コラム > 優勝トロフィーに用いられる素材や利用シーン

優勝トロフィーに用いられる素材や利用シーン


もっともスタンダードな素材で知られる真鍮とは



人生の中でトロフィーを何度かもらったことがあるという方は意外に多いのではないでしょうか。大会やコンテストなどの優勝者、入賞者などにトロフィーが贈られるのは我が国でも一般的ですし、さまざまなシーンにおいて優勝カップやトロフィーが授与されています。基本的にスポーツ分野で使われるケースが多いですが、芸術や文化などのジャンルでも優勝者に授与されるケースもあります。現在ではさらにいろんなシーンで用いられるようになりましたし、今後もスポーツや芸術に限らずありとあらゆる分野で用いられるようになるのかもしれません。

そんなトロフィーですが、さまざまな素材で作られていることについて詳しくご存じの方は少ないでしょう。使用される素材にはいろいろな種類がありますし、一つではありません。もっともスタンダードな素材の一つとしては真鍮(しんちゅう)が挙げられ、ブラスの別名でも知られています。ブラスはトロフィーのほかにも楽器などにも使用されるマテリアルで、スネアドラムのシェルに採用されたり管楽器に使われることも少なくありません。銅と亜鉛の合金であり、金色の美しい輝きを持つ素材として優れています。

亜鉛の配合率によって色が変わってしまうため、同じ真鍮素材を使ったものでもやや色が違うということも起こります。そのまま使用すれば金色、もしくはそれに近い色のカップやトロフィーが完成しますが、メッキ処理を施すことによって銀色に仕上げるようなケースもあります。ブラスはもっとも多く使用される素材の一つですし、加工のしやすさなどから現在でもトロフィーやカップのマテリアルとしてはスタンダードな存在です。



アルミやアクリル



一円玉のマテリアルとして知られるアルミニウムですが、このアルミもトロフィーのマテリアルとして使用されることが多い傾向にあります。アルミは数ある金属の中でも非常に軽いという性質を持っていますから、子ども向け競技の優勝カップなどに採用されることも珍しくありません。また、加工しやすい金属でもありますし、そこが支持されている理由の一つと言えるでしょう。地金のままでも十分美しく仕上げることが可能ですが、化学処理を行うことによってさまざまなカラーに変えることもできます。

先ほどご紹介したブラスと同じくアルミもマテリアルとしては一般的にポピュラーな存在ですし、現在でもあらゆるシーンで授与される場合などに用いられています。加工しやすいことから特徴的な姿かたちになることも多いですし、個性的で印象に残る優勝カップの素材として用いられることもあります。アルミは軽くて柔らかい金属ですから弱いのでは、と思った方もおられるでしょうが、意外にも強度はありますから耐久性などにはさほど問題はありません。その辺は心配せずとも大丈夫でしょう。

ほかにもトロフィーにはアクリルや工学クリスタルガラス、木などさまざまなマテリアルが存在しますし、今後はさらに使用されるマテリアルが増えてくるのではないでしょうか。いずれは誰もがあっと驚くようなマテリアルを使ったトロフィーやカップが作られるのかもしれません。専門店によって扱っているトロフィーのマテリアルはまちまちだと思いますから、購入前に確認することを忘れないようにしてください。



購入先の決め方



自分のためにトロフィーを専門店で購入するという方は恐らくいないでしょう。トロフィーや優勝カップはもらってこそ意味があるものですし、自分で購入するというのはバレンタインのときに自分でチョコを買う男性のようなものです。競技会の主催者や幹事だとそれらの手配もしないといけないでしょうし、これから発注先を決めるという方もおられるでしょうが、忙しい方にこそネットでの発注をおススメします。現在ではトロフィーやカップもネットで発注できますし、空いた時間にササッと発注するということも可能です。

お店を選ぶときの基準はいくつかありますが、まずは多種多様なシーンに対応できるだけのトロフィーを扱っているということが挙げられます。あらゆるシーンにマッチしたものを扱っているお店なら選択肢も増えますし、開催しようとしているイベントや競技会にピッタリの製品も見つかるのではないでしょうか。特定のスポーツをモチーフにしたデザインを扱っている専門店もありますから、このようなお店だと目的のものも見つかりやすいでしょう。

基本的なことですが、信頼のおける業者でないとリスクがありますからそこはしっかりと確認しておきましょう。公式ホームページに会社概要が掲載されているはずですから、そこで会社の住所や電話番号などの問い合わせ先を確認しましょう。信頼できるかどうかの証拠として、社名や住所、電話番号などをきちんと記載している業者を選ぶと安心です。困ったときなどにも相談や問い合わせすることができます。

次の記事へ