トロフィー販売TOP > コラム > 専門業者へトロフィーの製造を依頼するにあたっては

専門業者へトロフィーの製造を依頼するにあたっては



イベントの開催にあたって優勝者に贈るトロフィーなどを購入する場合には



スポーツ大会などのイベントを開催するにあたって、優勝した人にプレゼントするカップなどの記念品を購入したいとお考えの方もおられるのではないでしょうか。 ひと口にトロフィーと言っても、さまざまな種類の商品がラインナップされています。それらの中でも、クリスタルトロフィーは、最近になって人気が高まってきている商品です。こちらは読んで字のごとく、素材としてクリスタルを使用したアイテムになります。

クリスタルトロフィーは、独特の透明感があり、光を受けた時の輝きが美しい、芸術品のような魅力を持つアイテムです。素材にクリスタルを用いた商品にも、さまざまなバリエーションがあります。例えば、アイテム全体がクリスタルでできているものや、一部分のモチーフのみにクリスタルが使用されているものなど、デザインも多様です。クリスタルトロフィーの値段は、デザインや大きさによって異なってくるのはもちろんですが、製造、販売を手掛ける業者によっても違いがあるので、予算に応じてチェックしてみると良いでしょう。

クリスタルトロフィーは、独特の美しさや輝きがあることから、表彰シーンでスペシャルな雰囲気を演出したいという方におすすめの商品と言えます。また、従来のカップと比較して、新しく登場したという魅力もあります。そして、イベントの種類に合わせて、カスタマイズをしやすいのもメリットの1つです。例えば、表面に彫刻をほどこしたタイプの商品などもあり、アニバーサリーの贈り物にも活用することができます。



クリスタルを素材とする商品のメリットとは?



トロフィーの中でも、クリスタルを素材とする商品には、独特の美しさがあります。従来のカップも、光を反射する時に美しい輝きを放ちますが、クリスタルトロフィーの場合、光が当たると、まるで宝石のような美しい印象を与えてくれます。色味が少ない分、どのような場所に置いてもよく映えて、雰囲気にマッチするというのもメリットの一つです。都会的でハイセンスな印象も喜ばれる要因になっています。

また、商品を購入する人や、製造する業者にとって、オリジナリティを活かしやすいというのもクリスタルトロフィーのアドバンテージです。こちらの利点を活かせば、一つひとつのイベントにぴったり合った商品を手に入れることが可能になります。例えば、大会の趣旨や会場の雰囲気、賞のランクなどの条件に合わせて、プレゼントするアイテムの仕様を変更することも可能です。

そして、従来の商品であれば、大会の名称やマークなどは、台座の部分に表示するのが一般的ですが、クリスタルの場合は、本体にプレートやレリーフなどをはめこんで、置物としても美しいデザインになっているものが多くあります。表面に直接彫刻が入るタイプの商品は、さらに特別な印象をかもし出すことができるというメリットがあります。

クリスタルを素材とした商品の中でも、本体の表面に彫刻をほどこすことのできるタイプのものを選択すれば、オリジナリティを活かしやすくなります。こちらは、商品の製造を手掛ける業者に対して、入れてほしい文字を伝えることで、彫刻のサービスを受けることが可能です。例えば、大会の名称やマーク、記念日の種類などを彫刻してもらうことができるので、幅広いシーンで活用することが可能になります。



クリスタルトロフィーの魅力と、オリジナル商品の購入について



いかにもずっしりと重そうな従来のカップと比較して、両手にすっぽりと収まってしまうクリスタルトロフィーは、見た目の印象から、物足りなさを感じるという方もおられるかも知れません。また、従来のカップのように、細かい装飾をほどこすのに適していないことも確かです。しかしながら、クリスタルトロフィーは、独特のスマートでシンプルな魅力があり、近年になって人気が高まって来ています。また、従来のカップと比較して、時間の経過による色あせなどのトラブルが発生しにくいというアドバンテージもあります。

次に、実用的なアイテムとは異なり、トロフィーは、さまざまなイベントを盛り上げたり、飾っておいて見て楽しんだりするためのものです。そうした意味合いからすれば、デザインや形状の違いにこだわって、購入する商品を選定するのもおすすめの方法と言えます。そのように、自分なりのこだわりを活かした商品を手に入れたいと考える場合には、既製品ではなく、オリジナル品を購入するのも選択肢の1つです。

オリジナル品の製造は、専門の業者で行なってくれますが、実店舗とネットショップのどちらも利用することができます。リアルショップを利用する場合、商品の配送に掛かるコストや時間を負担しなくて済むほか、店頭に陳列してある商品を間近で見たり、手に取ったりして詳細な仕様をチェックすることができるという利点があります。また、自宅の近くに専門店がないという場合には、ネットショップを利用するのがおすすめの方法です。

次の記事へ