トロフィー販売TOP > コラム > 思い出を刻んだトロフィでいつでも楽しむ!

思い出を刻んだトロフィでいつでも楽しむ!


トロフィに思い出を刻んで!



トロフィというと名誉なものであるという印象があります。一般的には、何かで表彰されたりした際にいただくものというイメージでしょう。中には、表彰されるようなことはないからもらったこともない、という人も少なくないのかもしれません。確かに特別感のあるものとなっていますが、決して特別な人しかもらうことができないものではありません。誰もが購入することができるものでもありますから、ちょっとした記念でも思い出を刻んでおくと良いでしょう。家の中に飾っておけば、その時の気持ちをいつでも思い出すことができる記念品ともなります。

トロフィは大会の際の優勝の記念品であったりすると、優勝しなければもらえないため、なかなか自分で手に入れることは難しいということがあります。優勝等をして贈られると確かに特別感があり、よい思い出になるものです。しかし近年では、必ずしも優秀な成績を収めた人のみが手にすることができるものということでもなくなってきています。優勝等だけではなく、ずっと努力を重ねてきたなどの理由から贈られるということもあるのです。優勝したら、偉業を残したら、といったイメージはあくまでもイメージであって、実際にはどのような場面でも、どのような理由でも贈ってよいものとなります。

今は種類などもかなり多彩なものとなってきていますから、どのような事例でもピッタリのものを見つけることができるでしょう。また、価格的にもかなり幅があります。トロフィでイメージすることも多い、大相撲などで優勝した際に送られる物などはかなり高額なものとなりますが、例えばゴルフで優勝したといった場合などに送られるものに関しては、お手頃な価格帯のものがかなりたくさんあります。そのため、大きな大会というだけでなく、一つの思い出の品として贈ることができるようになっているのです。



インテリアにもピッタリのおしゃれなトロフィ!



トロフィというと、なんだかとっても大きくて、いかにもというイメージを持っている人もまだまだ多いのかもしれませんが、実際にはかなりおしゃれなものが増えてきています。リビングなどに飾っておいても周囲の雰囲気を崩さないようなものもあり、飾っておきたくなる要素がたくさんあります。例えばガラス製のものなどがあり、デザインもとても豊かなものとなっているため、きっと気に入る一品を見つけることができるでしょう。

また、スポーツに合わせて選択をすることもできます。サッカーボールなどがデザインされているようなものであれば、サッカーでの記念にといった感じとなりますが、サッカーひとつとってもその種類はかなり多くなっています。またスポーツで利用される機会はとても多くなっているので、様々なスポーツに合わせた物が準備されていますし、中には運動会などにピッタリのものもあります。運動会と一口に言っても子どもの運動会だけでなく、会社や地域などでも運動会は開かれていますから、そのような際にもピッタリのものがたくさん用意されています。運動会などでも手にすることができれば、その後の励みにもなりますし、仲間で喜びを分かち合うのにもピッタリなものとなるでしょう。

さらには運動だけでなく、イベントやコンテストなどでも喜ばれる記念品となります。それだけ特別感があり、その時の思い出などを記録することができる記念品となっているのです。トロフィに感じることができるのは特別感だけでなくその時の思いでもあります。トロフィを見ながら、あの時にあんなことがあったなど、仲間で思い出を語るよいきっかけにもなるでしょう。



トロフィで褒める!



トロフィは誰でも購入することができますから、特別感のあるものではありますが、一般の方が全く手にすることができないというものではありません。ちょっとした記念などでもその気持ちを贈ることができます。例えば子どもの頑張りに対して贈るのもよいでしょう。子どもにとってはなかなか手にすることのないものですから、受け取るということはまさに特別なことになりますし、それだけ自分が褒められているということを感じることができるはずです。もらった子どもも大きくなれば今度は思い出として見ることができますから、子どもの成長途中の何かのきっかけで送ると良いでしょう。

ちょっとした記念でも思い出の品にすることができますし、子どもにとっては、褒めてもらえたことへの喜びの証しとなる品になります。特に子どもは褒められることで大きく成長していきます。そんなきっかけの一つに使うこともできるのは喜ばしいことです。決して高価なものだけではなく、とても手頃な価格のものもありますから、何かの賞を作ってあげるのもよいでしょう。

中には記念品として卒業式で子供たちに贈るという手もあります。卒業をすることは当たり前と考えてしまいがちですが、毎日学校に通い授業を受けるということはとても大切なことです。だからこそ、卒業を迎えたことを喜び褒める証として贈ることで、思い出とともに卒業を称えてあげることができるでしょう。他にも、塾などにおいて課題をクリアしていき一定のレベルまで来たら授与をするといったことがあります。課題をクリアしていくというだけでなく、一つの目標にすることでモチベーションを高めるきっかけにもなるのです。

次の記事へ