トロフィー販売TOP > コラム > 運動会でトロフィーを導入している学校は多い!?

運動会でトロフィーを導入している学校は多い!?

運動会でトロフィーを授与する学校がたくさんある!?


日本の小学校、中学校、高校では1年に数回行事を取り入れています。例えば春には遠足や、秋には修学旅行に行く学校も多いです。他にも、文化祭など数多くの行事がありますが、スポーツをするための行事と聞いて多くの方が想像するイベントは運動会ではないでしょうか。最近では、運動会を春に行う学校も多くなっています。全国で一番開催される季節が多いのが、秋、次いで春となりますが、その差はなくなりつつあります。夏は避ける学校が多く、その理由は運動場で子どもたちが競技をするという学校が多く熱中症が懸念されるからです。
他の都道府県よりも気温が低いことで知られている北海道では、その気候の特徴を活かして5月から6月の間に開催する学校が多いです。昔は秋の風物詩として知られていましたが、台風などの影響を考慮して秋ではなく春に行う学校が増えています。小学校や中学校の運動会では様々な競技が実施されています。学年で分けて披露することが多いです。種目には例えば徒競走や綱引きなどの団体競技、ダンスなどがあります。学校によって採用される競技は異なりますが、これらの競技は多くの学校で実施されています。
通常、運動会は学生が競技をしますが、その様子を学生の父兄は見ることができます。そのため、当日は学校の駐車場は父兄の車で埋まり、第二運動場を駐車場として使う学校も多いです。
親御さんの中には撮影をして子供が運動をする様子を撮影している人も少なくありません。現在、運動会をする学校の中にはトロフィーを採用して更に盛り上げようと試みるところはたくさんあります。では実際にトロフィーを導入することでどのような利点があるのでしょうか。

運動会に導入する利点とは


運動会にトロフィーを導入することで得られる利点は、競技に参加する学生のモチベーションを向上させられる可能性があることです。基本的に運動会に参加する学生は一所懸命競技を行い、なるべく自分の組が勝つように努力します。そのため、はじめからモチベーションが高い学生もいますが、もしトロフィーやメダルが授与されれば、それを受け取ろうと頑張る学生が増えるので、さらにモチベーションを上げられる可能性があります。競技に参加する生徒のやる気が高くなれば、前年度よりも盛り上げることができるでしょう。
その他の利点としては、前年度優勝した組を知ることができます。トロフィーにはネームプレートがあります。そのネームプレートには何回目に開催されたのか、優勝した組の名前なども記載することができます。もし、トロフィーを導入し、優勝した組に渡すようにすれば前年度どの組が優勝したのか簡単に把握することができます。
最後の利点としては、思い出となる点です。先程も少し触れましたが、トロフィーだけでなくメダルも準備することができます。メダルはサイズが小さく値段も安いので、優勝した全ての組に授与できる学校もあります。もしメダルを授与することができれば、学生はそれを受け取り自宅に飾ることができます。思い出として保管することができるので、来年運動会が開催される時に、前年度はどのような成績だったかそのメダルを見て振り返ることできます。

運動会のトロフィーの選び方のポイント


運動会でトロフィーの導入を決めた学校は、通販や販売店を探してその中から適切なトロフィーを購入しなければなりません。通販や販売店では数多くの商品を扱っているところが多く、豊富な種類があるので選ぶ時に迷ってしまう方もいるでしょう。運動会のためのトロフィーを選ぶポイントがあるので、それを参考に授与するトロフィーを選択してみてはいかがでしょうか。
選ぶ際のポイントは、まず種類です。授与できる商品の種類はトロフィー、表彰楯、メダルを挙げることができます。多くの販売店ではこの3つの種類の商品を扱っているところがたくさんあります。そのため、どの種類が相応しいか検討して導入するタイプを選択します。
次のポイントはデザインです。例えば、表彰楯にはランニングシューズが散りばめられたデザインを採用している商品もあります。実際に運動会ではランニングシューズを履いてリレーをすることもあるので、外れたデザインではありません。また、メダルの中には賞という文字がデザインされたものがあります。実際に好成績を納めた人に贈るものなので、運動会に授与するメダルデザインとして使うこともできるでしょう。
その他の選び方のポイントは価格です。私立、公立に関わらず限られた予算の中で準備をしなければならないところが多く、選ぶ際には価格もポイントとなります。価格は表彰楯やトロフィー、メダルによっても変わりますが、通販や店舗によっても異なります。そのため、価格を検討する時は1つの通販や販売店だけの商品を見るのではなく、時間に余裕がある方は、複数の通販や販売店で売られている商品を見て比較することで予算内で準備できる商品を見つけられる可能性があります。

次の記事へ